日ハム・清宮幸太郎の守備は下手?将来性はあるのか

清宮幸太郎さんと言えば、日本ハム所属のプロ野球選手です。

期待が高かったホープだけに、今はちょっと色々な噂も出ているようです。

今回、清宮幸太郎さんは守備が下手という噂について調べてみました。

清宮幸太郎選手は守備が下手なの?

清宮幸太郎さんの守備についてですが、どちらかと言えば下手の方に入るようです。

ポジションはファーストですが、あまり動きがないため楽な守備だと思われています。

しかし、守備が下手な選手では致命的な打撃を受けかねないポジションでもあるのです。

清宮幸太郎さんはプロ野球入りする前から、上手だという噂が多く出ています。

ですが、それはあくまでもプロ野球に入る前の評価です。

プロ野球ではハードルもあがるため、高校時代の評価とは大きく違ってくるのでしょう。

守備が下手なのはブランクのせい?

清宮幸太郎さんは、中学1年生の頃に疲労骨折をしていたようです。

そのため、1年間野球が出来なかったようです。

中学生と言えば、守備の基礎などをしっかり覚える時期です。

逆を言えば、この時期に野球が出来なかったことで守備の低さに影響しているのかもしれません。

守備は下手でも問題ない?

出典:毎日新聞

現時点で守備が下手でも、練習を重ねることで上達はしていきます。

そのため、現時点の守備の低さがずっと続くわけではないのです。

将来性を考えると、今後野球界を動かす選手になるのではないでしょうか。

現時点で守備の低さが指摘されている清宮幸太郎さんですが、練習をすればいいだけなのです。

プロの先輩たちに教えてもらい、良いところを吸収していけば問題ないと言えます。

関連記事