ビートたけしオフィス北野を独立。わざわざ新事務所を設立する理由は愛人関係が問題だった。

ビートたけしが、今回オフィス北野を独立する事を表明して周囲の関係者を驚かせている。

独立に至った経緯は一体何だったのか?

その真相に迫って行きたいと思います。

ビートたけしプロフィール

本名:北野 武(きたの たけし)。

生年月日:1947年1月18日

職業:日本のお笑いタレント、俳優、映画監督

出身:東京都足立区島根出身

タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。

日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。

オフィス北野独立の経緯

ビートたけしが以前から、

「軍団の面倒を見るのが大変なんだよ。」

「(事務所の)家賃払うのも大変だ。」

「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。」

「自分の時間を増やしたい。」

「体力的にも落ちてきた」

このような、少し”弱気な発言”を漏らす機会もあったとオフィス北野社長の森昌行社長が語ってくれた。

今後の活動予定は?

その一方で、背負った物を一旦下ろし、独立後に自分の時間を増やしてやりたい事に打ち込む意欲を見せているそうだ。

ガダルカナル・タカ(61)によると、

「最近は『並行して3、4本の小説を書いている』とか、自分の作品の一節を朗読したりしていた」

と変化を感じており、「これからは小説に力を入れると思う」という情報も入ってきている。

 

他にも、

『殿、そんなに仕事してたら死んじゃいますよ。ゆっくりしたらどうですか』って冗談で言ってたら、会社辞めちゃった。

と冗談混じりに語っていた。

 

「殿は常々、『オレばっかりじゃなくて、ほかのヤツも(仕事で)使ってくれよ』とか言いながら、軍団の活躍を期待していた」

と感謝を示していた。

 

それを踏まえ、「殿は『オレが退くことで、軍団のマネジメントに力が入るのでは』と考えて退社したのかも」と分析し、まな弟子に対する愛情からの決断との見方を示した。

新事務所の影に隠れるキーマンは愛人か?

たけしが独立に至った経緯は”愛人”の影があると言われています。

その愛人と見られる女性は、50代で過去にホテル事業を経営していた経験を持ち、

現在はたけし名義の都内の高級マンションに住み、たけしから送られた100万のバーキンを手にする姿もキャッチされています。

仕事はたけしのビジネスパートナーとして、仕事をされてるみたいです。

今後は愛人女性のマネージメントによってたけしは仕事をするのではないと思います。

独立する理由は愛人女性とオフィス北野との折り合いが悪かった。

彼女はオフィス北野との折り合いが悪く、たけし軍団のスタッフからはあまり良く思われてなったみたいです。

現在、彼女はたけしの仕事現場にほとんど同行していると言われています。

たけしは、彼女のビジネスの才能を非常に高く評価しており、スケジュールの管理は彼女がしているそうでう。

折り合いが悪いと言われる理由には

「現在の師匠は、彼女の操り人形にしか見えない」

と周囲の関係者が漏らしていたからではないでしょうか?

たけし軍団は全員オフィス北野に残留か?

たけし軍団のメンバーも、愛人女性に対して良いイメージを持っている人間は皆無で現在の事務所に残留すると思われます。

まとめ

ビートたけしの、独立騒動はまだまだ始まったばかりです。

昔から破天荒で予想外な行動で世間を良くも悪くも騒がせてきたビートたけしなので、今後も多くの波紋を呼ぶであろう。

今後の動きに目が離せません。

 

関連記事